ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平安時代初期、宮廷雅楽家として右方の楽を奏でた先祖が「右方の楽」より名を頂いたものと、右楽家に伝わる書物に記されている。

霊媒士と雅楽家の因果関係は今となっては不明だが、
音の聞き分けに秀でた音楽家の才能から、人ならざる者の声を聞き分ける能力を開花させたのではないか、と言う説がある。
鬼や霊など、人ならざる者の存在が邪悪であり、人々がそれを信じていた時代、
陰陽道に隠れてはいたが、霊媒士の能力は必要とされた。

明治時代に入り、人ならざる者の存在が否定され始めるにつれ
霊媒士一族右楽家も影を潜めるようになった。

平安初期の本家は京都。
現在の宗家は東京の山奥(雪之丞の実家もそこ)

お隣の左楽家との血縁関係は現在に至っては無いも等しいが、左楽家は宮廷雅楽の左方の楽に乗せ、左方の舞を舞う先祖よりその名を受けたとされている。
左楽家についての詳細は不明。


Prev | HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 bizarre moon, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。